マイナンバー制度のメリット

私がマイナンバー制度に賛成なのは基本的に社会生活全般において何ら後ろめたいことがないし、しようとも思わないからです。たいした預金もないし標準以下の生活者なので財産もなく何も隠したりしなくていいのは明白でしょう。

ところが世のなかには預金や財産が多過ぎて税金に取られるくらいなら隠した方がましだと考える人がかなりいて、いかにして税金逃れをしようかと常に考えているとの噂です。

ですからマイナンバー制度によって、そういった違法行為がしずらくなれば国の税収は明らかに増えることになりますから、そうなると導入によりかえって不公平感の指摘される生活必需品への軽減税率ではなく低所得者や生活困窮者に対する給付金による直接的な社会還元もしやすくなるので私は基本的にマイナンバー制度に賛成だという立場になります。

アメリカでの成りすまし被害等を持ち出してその危険性を指摘し反対する人たちがいますが、聞いたところによるとアメリカに比べ明らかに成りすましにくいような完成されシステムのよようなので、国民はあまり心配しなくてもいいだろうし、もし成りすまし等の被害に遭遇したことがわかればこれは管理者たる国が被害分の全額を補償すべきことでしょうから国民に実害の及ぶことは殆どないと思います。みずほ銀行カードローン 審査

お金がもったいなくてたばこをやめました

お金がないときはとにかく我慢をします。何に関してもとにかく我慢をし続けます。お金がなくてもこれだけはやめられないとか、これだけは必要だからということは考えません。

昔わたしはたばこを吸っていましたが今はたばこを吸っていません。完全に禁煙しています。何年間もたばこを吸っていないので大丈夫ですが、たばこをやめることなんてわたしには絶対にできないと思っていました。

わたしはかなり若い頃からたばこを吸っていて、それから中年になる手前の年齢までたばこを吸い続けていました。一日十本程度でしたが、たばこを吸わないと落ち着かなくてストレスがたまるのがよくわかりました。

自分の力でたばこを何度もやめようとしたのはたばこの値段がどんどん上がったからです。昔の倍くらいの値段になってしまったときお金のムダだと思いました。たばこにこんなにお金を支払うならきっぱりやめてしまいたい!と思って最終的には禁煙外来へ通ってたばこをやめることができました。

やはり自分の意思のチカラだけでたばこをやめることは難しかったです。今はたばこをやめたのでその分お金に余裕ができました。体に悪いということもあり、たばこをやめられて本当に良かったと思っています。プロミス 審査