金利に関してよく理解し知識を身に付け、メリットを増やしましょう!

カードローンやキャッシングの金利の計算方法に関しましては、まず利用日数を数える際に借りた当日は計算に含まれず返済当日は計算に含まれるという事を忘れず念頭におく必要があります。

要するに、借りた翌日から返済当日までか利用日数となる訳です。

金利の計算方法は、借り入れ残高掛ける実質年率割る365日掛ける利用日数が金利です。

消費者金融と銀行の金利の違に関しましては、通常の消費者金融に比べて銀行の方が金利が低くなります。

金利を安くする方法に関しましては、一言で申し上げるとすれば値切るという事です。

ここで誤ってはならない重要点が、融資金額ではなく金利を値切るという事です。

特に、現在取り引きしている会社に後腐れがなくローンの借り換えを検討しているのであれば尚更良い方法と言えます。

通常は、取り引き期間が1年程経つと契約の見直しや再審査が出来る様になるので敢えてその時に担当者に連絡を取る様にし増枠に関してやもう少し金利を安くしてもらえないかと問い合わせるという手段を取ります。

この方法を使っても効果を得られないようであれば、その際は他社に借り換える等という事を伝えることにより増枠や金利の引き下げなどに関して再検討をして頂けることが多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です